構造が複雑な煙突について

煙突と飲食店の関係

煙突というと空にまっすぐそびえ立っているものという印象が強いかもしれませんが、煙を出すところならどこにでもあります。
煙突の主な役割は、建物の中の煙を外に出すことです。
焼き肉や焼き鳥、うなぎなど炭火を使って料理をしているお店では、たくさんの煙が出ます。
この煙がお店の中に充満してしまわないように、外に排出して、空気を入れ替えています。
しかし、煙を外に出すだけではなく、集客効果もあります。
例えば、今夜飲むところを探しているときに、焼き肉や焼き鳥の良い匂いがしてきたらどうでしょうか。
食欲がそそられて、今夜はこの店で飲むことにしようとなる可能性もあります。
今では換気扇の技術も進んできているので、性能の良い換気扇が増えつつあります。
しかし、予算の都合などの理由で煙突を使い続けていくというお店も多いでしょう。
長く使い続けていくためには定期的なメンテナンスを行っていくことが大事です。
煙突はお店にとっても重要な役割を果たしているので、常に良い状態を保っておく必要があるでしょう。