構造が複雑な煙突について

煙突ってどうやって作っているのか気になりませんか?私気になりまして調べたところ、最近はいろいろな技術を駆使して作成していました。

例えば耐震補強のCRS工法。

炭素繊維を使ってもともとあるものに耐震の補強を行うことにより、高い耐震性や耐久性を作れるそうです。

また、ひび割れなどが入ることもあるのでそのたび補強することにより、安全性の維持を確立していました。

他には内煙化という技術、これはFRPやステンレスなどを内筒内部に付けることによって、排煙機能を分離などの煙突の機能性・信頼性を維持することができるのです。

RC補修という技術などもあり、経過年数や酸腐食等によるコンクリート煙突の老朽化を解消するための技術もあるのです。

また、解体に関しても物自体が高いので周りの迷惑にならないように上部から下部に解体する方法(移動足場工法)を編み出しており、この方法は安全性を確保しつつ一部分の工事・解体補修ができるようになっている方法なのです。

このように最新技術満載の煙突はこれからもあの威風堂々な姿を全国で見せてくれることを期待していきたいですね!!